今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

映画

【映画】- 43 『50回目のプロポーズ』もしも勇者ヨシヒコが恋愛映画だったら

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 もう梅雨入りしたというのに、今年はなかなか暑くならないですね。 おかげさまで絶賛夏風邪です。鼻水止まらん。喉痛い。 ところで半年前大…

【映画】- 42 『娼年』松坂桃李がただただエロい

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 ひょんなことから、話題の『娼年』を見てきました。 shonen-movie.com 前情報ほぼなしでみるとなかなか強烈でしたが、めちゃくちゃ面白かっ…

【映画】- 41 『羊と鋼の森』良い文章をどう映像にするか?

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 『羊と鋼の森』見てきました。原作大好き。 映画見るために、原作読み直して挑みました。 hitsuji-hagane-movie.com 原作はぜひ読んでほしい…

シリーズ連作前提の映画は不要 by GODZILLA

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 最近仕事が忙しく、1か月ほどブログは放置してました。 週末も資料作成、テスト、転職活動という感じで全然ゆっくりする時間がない…。 時間…

【映画】- 40 『いぬやしき』中身は気にするな。映像アトラクションを楽しめ。

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 GW前半は天気が良くてよいですね。皆さんどこかに出かけていますか? 長期休暇にもかかわらず悲しいかな仕事の資料作成をしていましたが、今…

【映画】- 39 『レディ・プレイヤー1』SFは役割を終えたのか?

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 期初で仕事がバタバタ、週末まで仕事をしている始末ですが、映画を見るという習慣はやめるわけにはいきません。 今週は、『レディ・プレイヤ…

【映画】- 38『パシフィック・リム:アップライジング』連作化の布石、時代観の反映

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 仕事が忙しくて映画を見る暇がなかったですが、久しぶりに。 pacificrim.jp 胸熱ハリウッドロボットバトルの続編 量産型の出現でエヴァ感が…

【映画】- 37『15時17分、パリ行き』 なぜ若者たちは英雄になったのか?

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 もうすぐ春ですね。意味もなくウキウキしていきます。 普段あまり見ないカテゴリーですが、『15時17分、パリ行き』を見てきました。 実際の…

【映画】- 36『シェイプ・オブ・ウォーター』種族を超えた愛の物語

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 期末でバタバタしてなかなか書き上げられなかったですが、『シェイプ・オブ・ウォーター』感想です。上映開始当日には見てたんですが… www.f…

【映画】- 35『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』女の欲望渦巻く隔絶された世界

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 予告から気になっていた『ビガイルド』見てきました。 beguiled.jp たまたま、初日で鑑賞しましたが結構客入りは良いようです。 南北戦争中…

【映画】- 34『グレイテスト・ショーマン』ペテン師の偽善はマイノリティの善となる

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 『グレイテスト・ショーマン』見てきました。 ミュージカル調の音楽多めの作品なのでDOLBY ATMOSで見ると臨場感がマシマシでした。 www.foxm…

【映画】- 33 『羊の木』 罪の十字架を背負った人々の再出発を阻む壁

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 新年から邦画が豊作の予感ただよう2018年、3作目は『羊の木』を見てきました。 hitsujinoki-movie.com 原作はマンガ タイトルの意味に関する…

【映画】- 32 『オリエント急行殺人事件』アガサ・クリスティーの名作を豪華キャストで

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 東京が大雪だった日、定時に会社を出れたのはいいものの電車に乗れず、急遽『オリエント急行殺人事件』を見てきました。 www.foxmovies-jp.c…

なぜ今さら山田孝之と長澤まさみがベタベタ恋愛映画なのか?

東京が記録的豪雪に見舞われたその日。 会社から早期帰宅命令が出たため、私は定時に会社を出ました。 早く帰ってネットフリックスで『デビルマン』でもみようとのんびり構えていました。 しかし。 普段なら、自由に座席を選べるほどに人の少ない電車と駅が…

【映画】-31 『嘘を愛する女』真実の中の愛

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 上映開始当日にわざわざ見に行くことはあまりないですが、『嘘を愛する女』見てきました。 ナイトシアターでしたが、意外に9割埋まってまし…

2017年上映映画雑感

1年が過ぎるのは早いですね。 2017年ももう終わりです。 自分の中では、会社で部署異動があり、かなり大きく環境が変わった1年でしたが、経済的には安倍政権の続投が決定し、緩和継続・株高維持*1という比較的よい環境が続きながらも消費まで効果が及ばず…

【映画】-29 『ブレードランナー2049』満を持して封切のSF金字塔続編

※この記事は、映画の内容について重要なネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 予告を見て待ちかねていた『ブレードランナー』続編を見てきました。 www.bladerunner2049.jp 初版から、35年の時を経て公開された続編は、…

【映画】-28 『ダンケルク』名もない英雄たちの物語

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 B級映画ばかり見ているわけではありません。 公開当初から名作の呼び声高い『ダンケルク』を見てきました。 wwws.warnerbros.co.jp 映画作品…

【映画】- 27『銀魂 多方面に喧嘩を売るパロディのオンパレード』

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 銀魂実写版ががなかなか評判良かったので見てきました。 原作はそろそろ完結といった感じです。 wwws.warnerbros.co.jp 原作はパロディのオ…

【映画】-26 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』解釈が必要な作品

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観ました。 『君の名は。』の影響からか、普段アニメを見ない層も多く鑑賞したようで、賛…

【映画】-25 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイアモンドは砕けない第一章』実写化の中では悪くない出来?

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 ジョジョの実写化第一章を怖いもの見たさで見てきました。 warnerbros.co.jp 第4部がベース 本作は、漫画原作ジョジョの第4部がベースになっ…

【映画】-24 『ちょっと今から仕事やめてくる』仕事を辞める勇気をくれる

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 最近、感想書くのを怠ってました… 社畜としては必須作品の『ちょっと今から仕事やめてくる』を見てきたので感想記録。 www.choi-yame.jp ブ…

【映画】-23 『帝一の國』 男とはこれほどまでに馬鹿なのだ。

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 『帝一の國』を見てきました。小学生以来ジャンプ読者としては、SQとはいえジャンプマンガとして実写映画にまでなる作品として気になってい…

【映画】‐22 『ゴースト・イン・ザ・シェル』 攻殻機動隊の新たなシリーズ?

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 攻殻機動隊の実写ハリウッド映画として上映前から注目されていた『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見てきました。 ghostshell.jp アニメ作品…

【映画】-20 『虐殺器官』ゼロ年代の天才は何を遺したか?

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 伊藤計劃三部作最後の作品『虐殺器官』がやっと公開されました。 project-itoh.com 9.11以降、テロとの戦いを経験した先進諸国は、自由と引…

【映画】-19 『沈黙-サイレンス-』 信仰について改めて考える

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』を見てきました。 遠藤周作さんの原作も好きですが、映画も素晴らしかったです。 chinmoku.jp 17世紀…

『モテキ』と『東京タラレバ娘』で比較する30代男女の恋愛観

久しぶりにマンガ喫茶に行って 『東京タラレバ娘』を読んできました。面白いですね。 男の恋愛応援マンガ『モテキ』が好きな自分としては、同年代の男女の恋愛観の違いが興味深かったので2作品を比べてみたいと思います。 『モテキ』はまず夢を見せ、『タラ…

『この世界の片隅に』ヒットはコンテンツファイナンスの新たなMakuakeとなるか?

『この世界の片隅に』が、クラウドファンディングでの調達を行い大ヒットを飛ばしたことで映画をはじめとしたコンテンツファイナンスにおける同手法のプレゼンス向上のきっかけになったかもしれません。 私はコンテンツ業界に身を置いているわけではありませ…

【映画】‐18 『この世界の片隅に』 非日常の中で静かに営まれた日常の美しさ

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 konosekai.jp 1.「非日常」のなかのちいさな「日常」 本作は、第二次大戦前後の広島が舞台。 主人公すずを取り巻く日常の変化を描きます。 …

【映画】-17 『バイオハザード:ザ・ファイナル』 ゾンビというより人間同士の戦い

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 今回は『バイオハザード:ザ・ファイナル』です。 www.biohazard6.jp 1.最後は人間同士の戦いメイン すでに6作目を数えるバイオハザードで…