今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

日本的組織と意思決定

スポンサーリンク

どうも運が悪いのか、日本の組織のよくないところにあたることが多い気がする。

日本的組織の構造とそれに伴う意思決定の弊害について思うこと*1

 

日本的組織では業務分掌が明確でないことがままある。その結果として、イレギュラーな事象が発生すると途端に意思決定者が不明になったり、新たな収益機会を目指して似たような業務が社内各所で乱立することでカニバリズムを起こしたりする。

"稟議"という文化は日本固有だというが、とりあえず誰が意思決定するかわからないことは関係しそうな部門すべてにお伺いを立てることになる。ただ、お伺いを立てる割には誰も判断を下そうとはしたがらないので棚ざらしになる。

特に、目に見える収益がないような意思決定、例えば、前例変更や組織構造の変更、失敗した活動の中止決定に係る意思決定はそれによって誰も実績を得られない(その割に何か問題が発生した際の責任を負うリスクのみある)という点で、誰も判断したがらない。

 

フロントの人間としては、案件来てるんだからさっさと決めてくれというのが本音のところで、社内政治的な混乱で案件を謝絶する必要が出てくる場合もあるのだからたちが悪い。

 

一方、この日本的な構造のよい点もある。

事前に調整を行っているので、実際に意思決定したあとは他部門の協力を得やすい。また、意思決定が広いこともあり、情報が社内に共有されやすい。

 

忖度と大胆な意思決定のバランスをうまく成立させた組織を成立させるには、どうするべきなのか?営業マン的には、速く答えを出してほしい限り。

稟議と根回し (講談社現代新書 (772))

稟議と根回し (講談社現代新書 (772))

 

 

*1:nekozukiは別に組織論を専門に研究していたわけでもモノの本で学習したわけでもないので、単にいち営業マンとして不満を述べるに過ぎない。