ダラダラ金融日記

金融機関に迷い込んだ猫(好き)がダラダラする様を描くブログ

でぃすくれーまー

当ブログは主に

①金融関連まとめ

②新しいサービスのまとめ

③本の紹介

などで構成される予定です。

※映画の感想/日常のつぶやきは別のブログに移転しました

dokoheikou.hateblo.jp

 

一部、金融商品や新サービスの紹介を含むので、以下、ディスクレーマーです。

 

  1. 当ブログは、筆者の個人的な見解を書き記しているもので、筆者が所属する法人の見解ではありません。また、筆者は記事に関する情報の正確性・完全性について保証するものではありません。従って情報の正確性・完全性の不備に起因して発生した損害について、筆者及び筆者が所属する団体はその責を負うものではないことにご注意ください。
  2. 筆者は、当ブログにおいて記載される情報に基づき行われた、投資又は商品及びサービスの購入について、一切の責任を負いません。当ブログで紹介する金融商品、サービス等は閲覧者自身の判断に基づいて投資又は購入をご検討ください。

ご利用は計画的に。

読書案内:最近のエモい小説

 

最近読んだエモ系小説のご紹介。

それほど大衆の人気を博してはいないかもしれませんが、近年の文学賞作品には現代のより先端的な活動(特に経済的な営み)を反映した作品が増えてきてます。

私は個人的に経済小説が好きで真山仁や黒木亮なんかをよく読むのですが、仕事や経済を主題としていない小説でも、経済や仕事を扱うもの増えている印象です。

こういった小説を読むと何故か“エモみ“を感じます。エモい文章の代表格といえば青春小説かもしれないですね。高校生なんかがピュアな恋愛するやつ。超エモいです。そういうのもいいんですけど最近の上記のような小説も面白いです。

なんだかわからないエモ小説の正体は、現代のなんとも言えない閉塞感みたいなものを正確に捉えていて、それが伝わってくるからではないでしょうか。学生を描く作品とはまた違うリアルな若者の姿です。

これから紹介する小説は、どれも「働く」や「経済」みたいなものがちょっとずつでも題材になっています。いわゆる経済小説と違うのは、そういった経済活動が必ずしもポジティブに描かれていない(むしろその重みに苦しんでいる若者が主題)点が描かれていることでしょうか。

続きを読む