ダラダラ金融日記

金融機関に迷い込んだ猫(好き)がダラダラする様を描くブログ

でぃすくれーまー

当ブログは主に

①金融関連まとめ

②新しいサービスのまとめ

③本の紹介

などで構成される予定です。

※映画の感想/日常のつぶやきは別のブログに移転しました

dokoheikou.hateblo.jp

 

一部、金融商品や新サービスの紹介を含むので、以下、ディスクレーマーです。

 

  1. 当ブログは、筆者の個人的な見解を書き記しているもので、筆者が所属する法人の見解ではありません。また、筆者は記事に関する情報の正確性・完全性について保証するものではありません。従って情報の正確性・完全性の不備に起因して発生した損害について、筆者及び筆者が所属する団体はその責を負うものではないことにご注意ください。
  2. 筆者は、当ブログにおいて記載される情報に基づき行われた、投資又は商品及びサービスの購入について、一切の責任を負いません。当ブログで紹介する金融商品、サービス等は閲覧者自身の判断に基づいて投資又は購入をご検討ください。

ご利用は計画的に。

頭の良さと思考方法の違いについて

 

 

 Twitterでみたこの話、自分があまり言語化できていないことが、非常にクリアにまとめられていたので、少し自分でも補足的に考えを整理してみたいと思います。

 

上記のツイートにすごく納得した上でですが、私はこの分類はある種の思考方法(思考のアプローチもしくは頭の使い方)にも影響しているように思っています。

つまり、人は頭の良し悪しに関わらず、一定程度4分類のうちのどれか(もしくは複数)に近い思考方法をとっていて、(どう定量化するのかは不明ですが)その中でも他者と比較し顕著にその傾向が見られる人を所謂「頭の良い」人と呼ぶのではないでしょうか?

 

また、この4つの分類はどれが優れているというものでもないと理解していますが、従事している仕事や役職によって、必要となる思考方法は異なってくるように思います。

例えば、私は金融界隈を浮遊していますが、求められる思考方法としては1+2という形が多そうです。但し、3、4が全く役に立たないかと言えばそういうわけではなく、新しいプロダクトやストラクチャーを検討しないといけない場合には3も必要ですし、営業担当やより上位の役職になってくれば4の重要性が増してきます。

これが芸術家であれば、3が秀でている必要があり、政治家であれば4が重要…といった感じでしょうか?

 

自分が物事を考えるときにどういう癖を持っているかを意識すると、どういった職業・業務が向いているかがわかるかもしれません。

 

◯◯さんは優秀だという時、この頭の良さがセットであることがほとんどだと思いますが、どういった要素から優秀と評価されているかを考えてみると役立つかもしれません。