ダラダラ金融日記

金融機関に迷い込んだ猫(好き)がダラダラする様を描くブログ

でぃすくれーまー

当ブログは主に

①金融関連まとめ

②新しいサービスのまとめ

③本の紹介

などで構成される予定です。

※映画の感想/日常のつぶやきは別のブログに移転しました

dokoheikou.hateblo.jp

 

一部、金融商品や新サービスの紹介を含むので、以下、ディスクレーマーです。

 

  1. 当ブログは、筆者の個人的な見解を書き記しているもので、筆者が所属する法人の見解ではありません。また、筆者は記事に関する情報の正確性・完全性について保証するものではありません。従って情報の正確性・完全性の不備に起因して発生した損害について、筆者及び筆者が所属する団体はその責を負うものではないことにご注意ください。
  2. 筆者は、当ブログにおいて記載される情報に基づき行われた、投資又は商品及びサービスの購入について、一切の責任を負いません。当ブログで紹介する金融商品、サービス等は閲覧者自身の判断に基づいて投資又は購入をご検討ください。

ご利用は計画的に。

働くということの話。

 

働くということの話。

上を見ればいくらでも上はいるわけだけれども、無駄遣いをしなければまあ自分一人は食うに困らないぐらいにはお給料を貰えるようになった。

その代わりにそれなりの時間を労働に費やしている。

 

そうしてみてふと思うのは、「なぜ働くのか?」ということ。

当たり前の如く、まずそれは給料のためなのだけれど、これと同時に「仮に宝くじが当たって手元に10億あったらどうか」とも考える。

おそらく働く。当初は遊んで暮らすかもしれないけれど1年もせずに飽きると思う。

では、既に自分の中では労働そのものが目的化しているということになる。そうした時にさらに思うのは、「この仕事をする意味はなにか?」ということ。

仕事の意味など到底すぐさま見出せるわけもなく、「働き続けるこの生活になんの意味があるのか?なにを目的に生きているのか?」と答えのない暗所に落ちていく。

こんな話を学生時代の友人にしたら、「生きることに目的なんてない。そういうのは中学生で卒業するもんだ」と一蹴された。

 

そういう青臭い悩みから抜け出せないという話。