ダラダラ金融日記

金融機関に迷い込んだ猫(好き)がダラダラする様を描くブログ

幸福の交差点

スポンサーリンク

東京に出て長くなった。

 

家とオフィスとSNSが世界という生活を続けていると、感覚がズレていくことに気づかない。

正月は2年ぶりに地元に戻ってみた。

祖母と母。相変わらず飽きもせず喧嘩ばかりしている。

祖母は7人兄妹で、いつも正月は祖母の兄妹のうち誰かに挨拶して回るため忙しないのだが、今年はそれもない。

祖母は今年で90歳。それでも下から2、3番目。

コロナ禍の間に兄妹とその伴侶が数人亡くなってしまった。だから今年は静かだ。

 

卒業以来いつも会う高校時代の友人。

彼らはすでに結婚し、子供が生まれている。

5人で集まり初日の出を見ていたが、結婚・出産でそれも難しくなった。

1歳になるまで会えていなかった友人の娘に会った。夕方でもう眠かったのだろうか。それとも夕日が眩しかったのだろうか。ただただ目を窄めていて、私たちの声は通り過ぎた。

 

東京では、高い年収で、見栄えの良い伴侶を持ち、高いお店で食事をし、高いものを身につけ、子供を英才教育するということが全てのようだ。

それらは常に相対的に評価され、自分の地位をあげようと皆躍起になっているように思う。

 

幸福とはなんだろうか?

 

人よりも多く稼ぐことだろうか?

 

人よりも偉くなることだろうか?

 

人が羨むような伴侶を持つことだろうか?

 

ホテルから見える静かな海を見ながら、よくわからなくなった。